皮膚科

にきび
いぼ
白斑
乾癬

にきび

にきび

にきびが発生する原因はいろいろな原因が密接に関係しあっています。

にきび治療はそれぞれの原因に対して、多面的に治療を行うことが大切です。

いぼ

いぼ

ウィルス性のいぼと加齢によるいぼがあります。

■ウィルス性のいぼ

・尋常性疣贅はよくあるいぼですが、液体窒素で治療しますが、痛みに弱いお子様には外用剤を併用することもあります。難治性の場合はレーザー治療もあります。

・伝染性軟属腫はいわゆる水いぼですが、ピンセットで摘んで取りますが、痛がるお子様には麻酔のテープを貼ってから取ります。


■加齢によるいぼ

液体窒素で治療しますが、早くきれいに取りたい場合はレーザー治療をお勧めしています。

白斑

白斑

尋常性白斑とは尋常性乾癬と同じく後天的に発症する皮膚病で、皮膚の色素が完全に消失してしまいます。 症状は全身に見られる疾患です。

一般的に白斑といわれる尋常性白斑は、何らかの理由で全身の皮フのメラニン色素を作る機能が低下して肌の色が失われてしまう病気です。脱色したところが白くなって、木の葉状や類円形のものから不規則な地図の形を示すものまでさまざまで、毛髪のある部分では白髪になることも多くなります。

身体の一部に白斑が認められるものを「限局型」、全身あちこちに白斑が認められるものを「汎発型」、また神経の通り道に沿って白斑が認められるものを「神経分節型」と、その症状により3つのタイプに分類されます。

患部に痛みやかゆみを感じることはほとんどありません。また伝染するようなこともありません。

別名「白なまず」とも呼ばれ、痛みやかゆみなどの自覚症状をともなうことはほとんどありません。しかし、外見上の悩みが、患者様にとって精神的な苦痛や負担となります。


■ナローバンド紫外線の治療

白斑(白なまず)、乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などの皮膚病に効果的な紫外線を照射しますが、病変部のみを選択的に照射できないため、健康な部位への副作用の心配を伴います。

乾癬

乾癬

尋常性白斑と同じく後天的に発症する皮膚病で、鱗屑(りんせつ)を伴った大小さまざまな赤い斑点が全身にできる疾患です。

ひざやひじ、頭髪の生え際、腰などに発症することが多く、また爪が侵されることもあります。

皮膚が赤く盛り上がった皮疹ができ、その上に乾燥した白い垢が厚く付着して、それがぽろぽろとはがれ落ちてしまう皮フの病気です。頭や膝、ひじなど、こすれやすい部分にできやすいようです。かゆみがありますが、個人差があり、皮疹が悪くなる時にかゆみも強くなる傾向があります。

また、皮疹が出ていない部分でも傷つけたり、掻いたり、こすったりすると、その部分に皮疹ができ、乾癬を悪化させる原因になります。病状が進むと全身に赤い斑点がたくさんできて、やがてこれらが合体して地図状になります。

乾癬は周りの人に感染したり、遺伝したりする病気ではありません。

しかし、根本的な治療法が確立しておらず、症状がよくなったり、悪くなったりを繰り返します。はっきりとした原因は不明ですが、脂肪の代謝障害や、ほかに精神的なストレス、外傷などが関係していると思われます。


■ナローバンド紫外線の治療

白斑(白なまず)、乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などの皮膚病に効果的な紫外線を照射しますが、病変部のみを選択的に照射できないため、健康な部位への副作用の心配を伴います。